ソーシャルゲーム業界への転職、求人情報なら

経験を問わず大手から非公開案件まで。最適なマッチング。

ソーシャルゲーム業界への就職や転職をお考えですか?

 

それなら、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービスがあるので是非確認されてみてください。

 

ソーシャルゲーム業界,転職,就職,求人,会社

 

おすすめはこちらの会社。

 

→ IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援

 

ソーシャルゲーム業界専門の転職支援プロ集団のサービスを受けることができます。

 

 

対象は経験を問わず、IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を志望する人。

 

大手から非公開求人案件まで豊富な求人数、2000以上。

 

独占案件の取り扱いもあるのでそのサービス力は見逃せません。

 

 

お持ちのスキルや経験、今までの職種経験をベースに、様々な角度から分析したうえでの適格なマッチングサービスを受けることができます。

 

業界に対する専門的な知識を保有、転職希望者に最適な提案をできるのがこちらの会社の最大の持ち味です。

 

 

ソーシャルゲームとは?

 

SNS(ソーシャルネットサービス)がプラットフォームで提供されるゲームのことです。

 

ソーシャルゲーム

 

SNSを通じ会員同士でコミュニケーションをとったり、協力したり、結果を競い合ったり、時にはアイテムを交換しながらゲームを進めることができます。

 

オンラインという特性を生かしたゲームが多くみられ、ブラウザー上で手軽に隙間時間で楽しめるという利点があります。

 

また、大半が無料で遊ぶことができますが、希少価値のあるアイテムやガチャなど課金することにより優位に進めることもできます。

 

日本では2007年にGREEが携帯電話向けのソーシャルゲームである『釣り★スタ』をヒットさせてから、日本でのソーシャルゲームは携帯電話が主流となりました。

 

2012年にスマートフォンへ移行をし始め、『パズドラ』のようなSNSを通さずにGooglePlayやAppstoreで直接配信されるようなゲームが増えました。

 

これにより消費者はさらに手軽にゲームを始められるようになったのではないでしょうか。

 

手軽になった分、出会い系の場として利用されたり、子供が勝手にガチャやアイテム欲しさに高額課金してしまうケースが増加し社会問題にもなりました。

 

ガラケー時代はDeNA.GREEが土台としてソーシャルゲーム業界を引っ張ってきましたが、スマートフォンの普及により、GoogleやAppleから直接アプリが配信されるスマホゲームが増え、ソーシャルゲーム業界も厳しいかと思われました。

 

しかし、これだけ消費者がゲームを身近に、そして手軽に遊べる時代です。

 

電車に乗るとゲームをしている人をたくさん見かけます。

 

学生はもちろんサラリーマンもOLも、おじさんもおばさんもみんなゲームに熱中しているのがわかります。

 

ゲームは暇つぶしに最適で、ほんの数分の隙間時間にも楽しめるという利点があります。

 

ソーシャルゲームの代表格といえば、モバゲータウンの『怪盗ロワイヤル』やmixiの『モンスターストライク』、LINEが提供している『ツムツム』ではないでしょうか。

 

しかし、現在ではSNSをプラットフォームとしないスマホアプリゲームのことも、ソーシャルゲームとされてきているようです。

 

手軽に隙間時間で遊べるゲームアプリ市場はこれからも進化していくのではないでしょうか。

 

 

ソーシャルゲーム業界の仕事とは。

 

ソーシャルゲーム業界での仕事内容をまとめてみると、

 

  • 『プランナー』ゲームの企画や提案
  •  

  • 『プログラマー』プログラミング
  •  

  • 『デザイナー』キャラクターデザインなど
  •  

  • 『サウンド』音響

 

『プランナー』がゲーム制作の要となります。

 

 

どういうゲームにするのか、ストーリーを考えたり、マップ、エリア、ステージなどの企画。

 

武器や敵の数などを考えたりするのもプランナーの仕事です。

 

RPGなどのストーリーは、シナリオライターが担当することもあります。

 

プランナーが考えた企画を基に、プログラマーがプログラミングし、デザイナーがキャラクターや衣装などを考えていきます。

 

それをすべてまとめ上げるのがプランナーの仕事であり、かなり過酷であることは明白です。

 

しかし、自分が考えたゲームをやっている人を電車などで見かけたりすることもあるようです。

 

常に新しいことを見据えて進化することを求められますが、大変やりがいのある仕事だと思います。

 

 

 

ゲーム業界に就職?色んな人の口コミも集めています。随時更新。こちらもご参考に!

 

 

仕事の種類も色々、能力を持った人の転職も多い

 

ゲーム業界に携わるなら。

 

デバッグ業務ならアルバイトでも可能ですよね。

 

ゲームは分担して作られます。

 

企画系のプランナー、ディレクターなら。

 

コミュニケーション能力、プレゼン力、業界全体の動向を察知する能力などにも長けている必要があるでしょう。

 

製作に直接携わるプログラマー、イラスト、音楽。

 

大手なら他の業界と同様、学歴も問われます。

 

新卒採用の門は狭いと思って間違いないでしょう。

 

またゲーム業界は能力を持った人の途中採用、転職も多いですし。


 

 

実際に能力を持っている人は少ない

 

ゲーム業界に憧れる人は多いですが、実際に雇用できる能力を持った人は少ないです。

 

開発業務に携わる人の代わりを見つけるのは困難です。

 

だから技術や能力を持った他社からの転職者に頼っているという実情もあります。


 

 

未経験の人も

 

ゲーム会社にプランナーやシナリオライターとして就職したいなら。

 

特に資格は必要ありませんね。

 

未経験で入社される人もいらっしゃいます。

 

前職は普通に会社で営業をされていた人とかも。

 

もちろん実力のある人は多いので、その中で自分は何ができるのか、本人の能力は必要となるでしょう。

 

まずは、ゲームが好きであること、自分はどんなことをしたいのか、できるのかを伝えることができるかが前提となりますが。


 

 

実際に作る

 

シナリオライターになりたいなら。

 

実績を作ること。

 

自作のシナリオでゲームを作りたいですね。

 

シナリオ以外の分野は他の人に任せればいいですし。

 

話題になるようなゲームを作りたいですね。

 

年齢も関係あるので、早いほうがいいです。


 

 

新卒。転職でステップアップ。経歴を問わない会社も。

 

新卒なら多くの会社では大卒以上の学歴が求められます。

 

中途採用での就職のねらうなら、業務経歴が問われます。

 

他業種からの転職でゲーム会社に就職を希望される人もいらっしゃると思いますが、ご自身に余程のセールスポイントが必要かと。

 

例えば自分が作った何らかの作品が賞を獲得したなどの。

 

ですが、経歴を問わないゲーム会社も少ないですがあります。

 

その辺りの募集情報をまめに確認されることをおすすめします。

 

そういった例えば小さいゲーム会社に入社されて経験を積んでからの転職というステップもなくはないので。


 

 

アルバイトや見習いも。

 

ゲーム業界のシナリオライターになりたいなら、できるだけ早くそういった関係の業務を行う会社にアルバイトさせてもらうこと。

 

見習いとかでも。


 

 

専門学校からの就職

 

専門学校からのゲーム業界への就職率って低いといわれていますよね。

 

プログラマ―やクリエイターを目指して学校で勉強をして、その結果他の業界に就職する優秀な方がいるというのも一つの理由です。

 

プログラミングの技術が必要な世界はゲームだけではないですから。

 

優秀な生徒の中には自ら他の業界を志望する人も少なくないということです。

 

もちろん反対に授業の内容が難しくて落ちこぼれる学生さんもいます。

 

こういった学生も他の業界に就職するので、ゲーム業界に限定しなければ皆さんどこかしらの会社の内定をもらうということになりますね。


 

 

趣味でも。起業という夢も。

 

ゲームが作りたいだけなら、ゲーム会社に就職しなくてもいいですしね。

 

自分で作ればいいわけで。今ならフリーツールとかもありますし。

 

その方が楽しいかもしれませんし。

 

また起業という夢もなくはないでしょう。


 

 

デバッグでも。

 

デバッグや雑用でもいいのでゲーム会社でアルバイトなどをやる。

 

とにかく現場との関わりを持つこと。

 

その業界に飛び込むことです。

 

少しでもチャンスを広げるという意味で。

 

ゲーム業界に就職することは簡単ではありません。


 

 

狭き門

 

企画やシナリオライターとしての就職は狭き門です。

 

良い作品を作るための能力が一番大切だとはいえ、前提として学歴や年齢も問われますので。


 

 

 

シナリオライター志望でもプログラミングの知識はプラスになるでしょう。

 

スクリプト言語とか。


 

 

アマチュアの方が楽しい?

 

アマチュアでもゲームは作れますしね。

 

パソコンがあれば勉強できますし。

 

仕事にした場合、当然コストの回収、営利的な側面があるので色々と制限を受けます。

 

ただゲームが好きならアマチュアの方が自由に楽しくゲームが作れます。


 

 

もちろん仕事なので辛いことも。

 

ゲームが好きであることは最も大事なことですが、仕事として携われば当然楽しいだけではありません。

 

辛い事、苦労が報われないこと、報酬面のことなど。


 

 

ポートフェリオ

 

募集要項にポートフェリオの提出が条件として求められることがあります。

 

作品の質の高さというよりも、基本的な作品の作り方が分かっているかや、これからの可能性を感じさせるかという視点で判断されるかと。

 

特に斬新なアイデアやオリジナリティが求められているわけではないです。


 

 

企画系はプレゼンやマーケティングも。

 

プランナーなどの企画系なら、ゲームが好きであることや本来の実力プラス、コミュニケーション能力、人間性、自分の考えを人に分かりやすく伝えることができる能力、マーケティングを見る視点なども必要になってきます。


 

 

続きはこちらで

→ IT・WEB・ソーシャルゲーム業界専門の転職支援